Introduction
  • 研究内容:画像処理関連技術とコンピュータグラフィックス関連技術の研究
    • 人間が得る情報源の80%を占めると言われる視覚に関する研究を行っています。
    • [画像処理関連技術]
      • 画像そのものを人間が理解しやすいように編集する画像処理の技術
      • 画像の中に写っている物体の認識を行う画像認識の技術
    • [コンピュータグラフィックス関連技術]
      • 映画などに利用される綺麗な映像を生成する技術
      • 視覚だけでなく、触覚なども取り入れた
          人間の五感を仮想的に実現するバーチャルリアリティ技術

  • 社会との接点:Webでの画像検索、監視カメラ映画制作技術などで世の中に貢献
    • 画像処理関連技術とコンピュータグラフィックス関連技術を中心に、コンピュータビジョンや
        バーチャルリアリティを含めた幅広い分野での研究を行い、世の中に貢献しています。
    • [画像処理関連技術]
      • 照明環境の悪い状況下で撮影された画像の鮮明化や、大量に撮影された画像から
          似たような画像の自動的検索
      • 人間の顔を用いた認証や、画像中にどのような人物がどのように行動しているかなどの調査
    • [コンピュータグラフィックス関連技術]
      • 夜景の綺麗なレストランから見える風景や、川などの流れを現実に存在するかのように表現
      • 視覚と触覚を連動させることで生け花や手術の練習を仮想的に行える
          バーチャルリアリティ技術

  • 研究室の特徴:学会発表などを通じて、学問だけでなく人間としての成長を目指す
    • 大学に入学してから勉強してきたことを積み重ねることにより、より高度な技術を
        身に付けることができます。
    • 研究室では、教員と相談して興味のあるテーマを個人毎に設定します。
    • "好きこそ物の上手なれ"の言葉通り、研究に対して真剣に取り組んだ学生は学会発表を行い、
        研究の知識だけでなく、プレゼンテーション能力など幅広い能力を身に付けることができます。

  • 研究テーマ
    • [画像処理関連技術]
      • 類似画像検索、顔画像認識、人物計数
      • 動画像追跡、スポーツ映像のダイジェスト作成
      • 景観画像や3次元デジタル地図の作成
    • [コンピュータグラフィックス関連技術]
      • 映り込み表現、川の流れ、水中での屈折
      • 生け花や手術などの練習システム
      • 立体視と生体への影響、手話動作の認識と作成

  • 学会誌による紹介(画像電子学会 2006年-vol.35)
    学会誌
    上の画像をクリックで大きなサイズのpdfが見れます。

TOP > Introduction